奈良県生駒市上町にある真言宗の寺院「長弓寺 薬師院」

お斎(とき)とは、食事をする時刻「時」(とき)に語源を発しているといわれ、主に僧の食事を指しました。今では、法要の後に僧侶や参会者に振る舞う食事のことをいいます。

長弓寺では、戦前より参詣された方々に山菜料理をお接待しておりました。今日では、大和十三仏参拝の方々の昼食、高山茶筌の見学などの奈良観光でお立ち寄りの方々にご賞味いただいております。また、法事の後の接待などでもご利用いただくようになってまいりました。とかく栄養過多になりがちな現代に、淡白な出家の食事は、健康にも良いとお喜びいただいています。
精進料理には欠かせない、ごま豆腐や生麩などを中心に、四季おりおりの食材を用いることはもとより、身土不二(しんどふじ)を心がけ、だし汁、味付けに至るまで、天然の恵みを生かし、こまやかな風味をひきだすよう、手間ひま惜しまず作っております。 
お料理は、深い緑と田園情緒を借景にした庭をのぞむ閑静な庫裡(くり)で、召し上がっていただきます。花、新緑、紅葉、雪と四季折々の風情をめでながらのお斎(とき)の味は、また格別 かと存じます。是非、一度ご賞味ください。

和の風情が香るお部屋で、薬師院のお斎(とき)をお召し上がりいただきます。

お斎(とき)のコース料金

一汁八菜 一汁十菜 一汁十二菜(抹茶付)
3200円 4200円 5200円

●お斎は完全予約制にて行っております。予約無しに薬師院にお越しいただいても、お斎をお出しすることは出来ません。
●メニュー内容は季節に応じて変更させていただきます。あらかじめ御了承ください。
●5名様~80名様までご利用頂けます 。
●30名以上の団体様はご予算に応じ承ります。
●ご予約は3日前までにお願いします。

薬師院のお斎についてにご予約・お問い合わせはコチラ